脳神経外科の医師を募集しています

脳神経外科は、特殊な病態を治療するイメージが強いですが、高齢化に伴い、需要が増加していることも事実です。主に、パーキンソン病、てんかん、脳卒中、脳腫瘍、脳血管障害など、幅広い疾患の診療を行っています。

外科ということで、確かな手技や知識はもちろん必要ですが、同時に、常に患者様とそのご家族の方々の気持ちを考え、患者中心の医療を提供できる、そのような医師を募集しています。チーム医療を念頭に、最新の知識や機器による、専門的な治療を行うとともに、常に学ぶ姿勢を忘れずに、患者様と向き合っていく、ということをモットーに診療を行っていきます。

産業医における医師募集

ここで最近において、よく見かける医師求人の一つに産業医の医師募集をあげることができます。

産業医については、医療機関と異なる性質のもった仕事となりますので、その仕事内容をしっかりと調べたうえで、医師募集を受けることが求められます。

提示されている給与や営業時間などの好条件な部分から、医師転職をおこなう医師もいますので、人気のある医師求人として知られています。今までと異なり、企業に所属する医師となりますので、様々な部分で学んで行かなければなりませんが、見につけることでスキルアップもできることでしょう。

産業医の医師募集が増えています

産業医は企業の中で労働者の健康管理について、専門家の立場から指導助言をする医師です。職場にいる従業員の健康管理をおこなうための専門知識を持っている、厚生労働省が定めている要件を満たした医師のことです。

労働安全衛生法によって一定の規模の企業に義務づけられています。常時50人以上3千人以下の労働者を使用する事業者に1人以上選任、3千1人以上では2人以上の選任することが義務付けられています。そのため、医師募集は病院や診療所などのほかに企業でも求められています。

産業医の職務は主に健康診断や面接指導など、労働者の健康を保持することです。

働き方にしばられない医師バイト

政府が働き方改革を発表しましたが、医師についても働き方が自由な医師バイトがあります。

医師アルバイトと聞くと不安になりますが、通常の医師と同じ医師免許をもち診察することができます。基本的には医師が不足している時間帯や診療科目に在籍していて、医師不足を解消する役割を担っています。

入院の施設を構えているような24時間体制の医療機関は、特に医師不足が深刻ですので、そのような現場において医師アルバイトが働くケースが多いようです。研修医なども参加していて、生活を稼ぐために行われているようです。医師によって関わり方はさまざまですが、多くの人の役立っていることがあげられます。

病院が医師アルバイトを必要とする訳

病院が出す医師アルバイトの求人数が、増加傾向にあるのが現状です。厚生労働省の調べによれば、過重労働によって労災認定が出た医師の数が、5年間で23人に増えています。脳や心臓に疾患を患ってしまったり、精神的な大きなダメージを受けて、6人が過労死しています。また、3人が過労自殺を図りました。

死という最悪のケースが生じており、日々の労働を我慢して続け、うつ病に陥る医師がいます。病院側は診療科を減らしたり、外来の診察日数を減らしたりと、労働時間の削減をして過労を防いでいます。本当に高度な医療を必要とする患者さんが、適切な医療を受診するためにも医師アルバイトを必要としています。